福島県ロービジョンネットワーク 公式サイト
024-558-7555
桜水さかい眼科内(担当:橋本禎子)

令和04年11月第31回フォーラム

会期 令和4年11月13日(日)
開催形式 オンライン(ZOOM)
テーマ

テーマ「高齢視覚障がい者の介護を考える」

講演1
高齢視覚障がい者と65歳問題
(福島県保健福祉部 障がい福祉課 課長 長谷川守さん(予定))
講演2
高齢視覚障がい者の介護に関する困りごと アンケート調査から
(福島県ロービジョンネットワーク 渡邊純代さん)
講演3
介護施設における視覚障がい利用者のための取り組み(仮題)
(歩行訓練特化型デイサービス「エバーウォーク」舟越智之さん)
機器展示 未定
参加費 無料

令和04年04月第30回フォーラム

テーマは「高齢社会における視覚障がいを考える」です。高齢社会がすすみ、視覚障がい者も高齢者の占める割合が高くなっています。高齢で見えにくい状態になってもなお、社会と繋がり、楽しく日常生活を送ることができるためのヒントを、フォーラムを通じて考えたいと思います。このテーマでの内容は豊富なため、春と秋の2回(30回、31回)に分けての開催です。

会期 令和4年4月29日(昭和の日)
開催形式 オンライン(ZOOM)
テーマ

テーマ「高齢視覚障がい者と日常生活訓練」

講演1
高齢者の視覚とその障がい
福島立医科大学眼科学講座 板垣可奈子医師
講演2
高齢視覚障がい者が必要とする日常生活訓練とは
訓練を受ける人へのアンケート調査の結果から
福島県障がい者総合福祉センター 渡邊純代歩行訓練士
講演3
高齢視覚障がい者に対する訪問訓練に携わって
日本盲導犬協会スマイルワン仙台 大谷孝典歩行訓練士
「見えない・見えにくい高齢者への理解と安全なサポートガイドあるっく(A LOOK)」DVDの上映
参加費 無料

令和03年10月第29回フォーラム

会期 令和3年10月10日(日)
開催形式 オンライン(ZOOM)
テーマ テーマ「ズームで知ろう新しい福祉機器」
機器展示
  1. 小原眼鏡
    視覚障害者用読書器 天使眼(エンジェルスマートリーダー)
  2. 福島県視覚障がい者協力会
    IHクッキングヒーター 音声血圧計など
    バンド演奏
    「ステップ」によるビートルズナンバー
  3. トラストメディカル
    暗所視支援眼鏡 HOYA MW10(ひかり)2021年モデル
  4. 日本眼科医療センター
    携帯型拡大読書器 ズーマックススノー12、クローバー6
参加費 無料

令和03年03月第28回フォーラム

会期 令和3年3月28日(日)
9:30~12:00まで(ZOOMの入室は9:00から可能)
開催形式 オンライン(ZOOM)
テーマ

「災害と視覚障がい」

講演1
「台風19号による被災の経験から考えること」
 柳沼 敏子
 依田 澄子
講演2
「災害と視覚障がいについて支援の側として考える」
 (社福)日本盲人福祉委員会評議員、災害担当 加藤 俊和
 堺市立健康福祉プラザ 視覚・聴覚障害者センター 点字図書館館長 原田 敦史
機器展示 今回はオンラインのため無し
参加費 無料

令和元年12月第27回フォーラム

会期 令和元年12月8日(日) 10:00~12:45(予定)
受け付け開始 午前9時半より
会場 総合南東北病院内 大講堂
テーマ

「視覚障害者の65歳以降を考える」

講演1
「地域包括センターとは(仮題)」
 仙台市台原(だいのはら)地域包括支援センター所長 佐藤 幸子(ゆきこ)
講演2
「65歳問題って何? どう解決するといいの?
 ~介護保険制度と障害福祉サービスの違いと併用のルールを学ぼう~」
 NPO法人アイサポート仙台 主任相談員 阿部 直子

令和元年08月第26回フォーラム

1. 会期 令和元年8月18日(日) 10:00~12:45(予定)
受け付け開始 午前9時半より
2. 会場 総合南東北病院内 大講堂
3. テーマ

「視覚リハと医療との連携
 ~京大病院眼科と京都ライトハウスの連携に学ぶ~」

講演1
「京大病院眼科における取り組みの実際」
 京都大学医学部附属病院眼科 高橋 綾子さん
講演2
「京都ライトハウスと京大病院眼科との連携から見えてくるもの」
 京都府視覚障害者協会 高間 恵子さん
4. 参加費 500円 事前登録は不要です。
5. その他 機器展示も予定しております。
6. 問い合わせ先 事務局 桜水さかい眼科(TEL:024-558-7555)橋本 禎子まで

平成31年03月第25回フォーラム

1. 会期 平成31年3月10日(日) 10:00~12:30
受け付け開始 午前9時半より
2. 会場 総合南東北病院内 大講堂
3. テーマ

「福島県立視覚支援学校で学んで-生徒・卒業生からのメッセージ」発表

  1. 「羽ばたく」第87回全国盲学校弁論大会主管校基準弁論 普通科3年 遠藤 未来
  2. 「あの日から変わった私の生きる道」同弁論大会特別賞受賞弁論 専攻科理療科3年 佐藤 秀州
  3. 「今社会復帰の時」卒業証書授与式「別れの言葉」より 専攻科理療科3年 箱﨑 敬洋
  4. 「理療科で学んで1年-出家者の家出からの再生」保健理療科1年 影山 未來
  5. 「あれから10年-健常者と供に学ぶこと、働くこと」第77回全国盲学校弁論大会優勝者 県保健福祉部 鈴木 祐花

お話し合い「盲学校、視覚支援学校について話し合おう」思い出話、学校生活についての質問、学校への期待などなど、、、

平成30年10月第24回フォーラム

1. 会期 平成30年10月28日(日) 10:00~12:45
受け付け開始 午前9時半より
2. 会場 郡山市 総合南東北病院内 大講堂
3. テーマ

視覚障害と福祉制度

『障がい福祉制度の現在 』福島県保健福祉部障害福祉課担当者
話し合い
『障がい福祉サービスの利用と提供の現状』
 会場の皆さんで地域の現状や今後への希望などを話し合いましょう
4. 参加費 500円 事前登録は不要です。
6. 問い合わせ先 事務局 桜水さかい眼科(TEL:024-558-7555)橋本 禎子まで

平成30年07月第23回フォーラム

1. 会期 平成30年7月22日(日) 10:00~12:45
受け付け開始 午前9時半より
2. 会場 郡山市 総合南東北病院内 大講堂
3. テーマ

障害者とスポーツ

  • 「重度障害者が野球をやりたいですって? 野球は夢を育むのです」
     東京 竹川病院 ハウスキーパー 東京ロッキーズ 元代表 石崎 隆
  • 「見えない壁だって、越えられる」
     NPO法人 モンキーマジック 代表理事 小林 幸一郎
  • ビデオ「サウンドテーブルテニスは楽しい!」
4. 参加費 500円 事前登録は不要です。
5. その他 機器展示も予定しております。
6. 問い合わせ先 事務局 桜水さかい眼科(TEL:024-558-7555)橋本 禎子まで

平成30年03月第22回フォーラム

第22回フォーラムでは「視覚障害と歩行」をテーマにみなさんと一緒に考えました。

白杖を使って単独歩行ができれば、視覚障がい者はいつでもどこでも問題なく歩けるというわけではありません。
ガイドヘルパーをはじめとする周囲の晴眼者や盲導犬も欠かせないパートナーです。
その中で今回は、福島県立視覚支援学校教師の渡辺寛子さんとNPO法人 視覚障がい者支援「しろがめ」代表の村上琢磨さんに自立歩行とガイドヘルプについてお話しいただきました。
中でもガイドヘルプの基本といえる「しろがめ方式」は視覚障害者と関わりを持つ多くの方に学んでほしいものです。
また、ホームからの転落事故についても皆さんと考えました。

福島県ロービジョンネットワーク
代表 八子 恵子

1. 会期 平成30年3月11(日) 10:00~13:00
受け付け開始 午前9時半より
2. 会場 郡山市 総合南東北病院内
3. テーマ

テーマⅠ:自立歩行とガイドヘルプ

  • 「自立歩行訓練を受ける立場と教える立場の経験から
    -『嫌味なほどのオレンジな西日』とは-」
    福島県立視覚支援学校 渡辺 寛子
  • 「自立歩行としろがめ方式のガイドヘルプ」
    NPO法人 視覚障がい者支援しろがめ 代表 村上 琢磨

テ-マⅡ:視覚障害者の転落事故を考える

  • 「視覚障害者との対面調査の結果から」
    NPO法人 視覚障がい者支援しろがめ 代表 村上 琢磨
4. 参加費 500円 事前登録は不要です。
5. その他 機器展示も予定しております。